sweet sweet pain

愛ある課金で豊かな暮らしを(白目

応援中!!

『恋剣乙女』応援中です! 『恋剣乙女』応援中です! 『恋剣乙女』応援中です!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

今更ヴァルキュリア2始めてみた。 

近場のショップで廉価版が安売りになっていたので購入。
4月まで進めてみた。
ストーリーは今のところ出来の悪い学園モノを読んでいるような気分。
いつも前向きなお調子者の転校生が成績不良のクラスに編入されて、クラスメイトと親交を深めて、クラスメイトも徐々に主人公に感化されてクラス全体が成長していくサクセスストーリーっぽい。
学園内での地位向上、ヒエラルキー闘争、が学園パートの主軸なのかな?
まぁ、それだけではないと思うけど。
このシリーズ初プレイなのでシミュレーションパートは新鮮で面白い。
フィールド上を自由に移動できるアクションパートと従来の戦略シミュレーション同様の手駒を選んで相手の手駒を倒していく戦闘パートの組み合わせがとにかく面白い。
作業感たっぷりで単調になりがちなミッションパートが面白いので飽きが来ない。
自分の行動順に行動できるポイント全てを1キャラに使用することもできるけど、全ての手駒には疲労の概念があり、連続で行動すると移動力が激減してしまう。
戦略ゲームにありがちな単騎特攻の無双プレイができないのでより高度な戦略を組み立てる必要があり、それもまた面白い。
僕の個人的な感覚では、とりあえず歩兵は突撃兵と剣甲兵、支援兵、対戦車兵は必須だと思う。
チェスのように完璧に役割が決まっているので役割に応じた行動以外ははっきり言って無謀だと思う。
対戦車兵以外の歩兵で戦車に挑むとダメージ効率が悪いし、偵察兵で敵歩兵に攻撃を仕掛けるのも無謀。
偵察兵はその高い機動力を活かして拠点占拠などや索敵に置くのが良い。
対戦車兵、剣甲兵は高い攻撃力の反面、移動力が乏しい。
突撃兵は良くも悪くも相手の至近距離でなければ真価を発揮できないので矢面に立つ必要がある。
そうやって考えていくと結局、いろいろな兵科を一通り育てていく必要があるような気がする。
予想よりもずっと長く楽しむことができそうだ。
これをクリアしたら3も買ってみようと思う。

o0463060010429823311.jpg
リコリスたんの笑顔でポケットティッシュ一袋消費余裕ですが何か?


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: subculture

thread: PSP  -  janre: ゲーム

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gt250r.blog136.fc2.com/tb.php/138-2e7c8fbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問数

自己紹介

twitter

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

好評発売中

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。